IHG

IHG(インターコンチネンタルホテルグループ)アンバサダー特典・徹底解説♪

このページの目次(もくじ)
  1. インターコンチネンタルアンバサダーとは
  2. IHG ANAホテル(IHGリワーズクラブ加入ホテル)一覧
  3. インターコンチネンタルアンバサダー会費、入会方法など
  4. ウィークエンド無料宿泊特典
  5. 実際に使った特典
  6. インターコンチネンタルアンバサダーまとめ

インターコンチネンタルアンバサダーとは

インターコンチネンタル アンバサダーとは、世界中に広がるインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツのみでお使いいただける特典をお届けするロイヤリティプログラムです。

わたしは2020年の10月、無料宿泊特典付きのキャンペーン期間に入会しました。

インターコンチネンタルアンバサダー

 

IHGambassader
かか
かか
支払い完了と共にプラチナに瞬時になりました!

インターコンチネンタルアンバサダーとIHGプラチナって何が違うの?

実はすごくややこしいのですが、

  • インターコンチネンタルンバサダー→インターコンチネンタルホテル&リゾーツのみの特典。
  • IHGプラチナエリート→IHGリワーズクラブの特典。IHGリワーズクラブ加入の全ホテルで利用できる。

つまり、インターコンチネンタルアンバサダーに入会するとインターコンチネンタルアンバサダーとIHGプラチナエリートの2つの特典を同時に享受できるということですが、

かか
かか
しかしながら、ホテルによって使える特典と使えない特典があると言う非常にややこしい…

IHGプラチナエリート会員特典

インターコンチネンタルアンバサダーに入会すると自動的にIHGのプラチナエリート特典も受けられます。

まずはIHGプラチナの得点を見ていきましょう。

IHGプラチナ特典
ポイントかマイルの獲得
会員専用料金
会員専用電話カスタマーサービス
無料宿泊特典(いつでもご利用可)
無料宿泊特典の宿泊もエリートステータス獲得の必要宿泊数にカウント
無料インターネットアクセス
優先レイトチェックアウト
エリート会員ポイント有効期限なし
優先チェックイン
ボーナスポイント
エリート繰り越し宿泊
客室アップグレード
客室保証

 

IHGmanza

インターコンチネンタル アンバサダー特典

  • 客室アップグレード保証
  • 16:00までのレイトチェックアウト保証
  • ウィークエンド無料宿泊
  • IHGリワーズクラブのプラチナエリートステータス
  • US20ドルの飲食クレジット
  • ミネラルウォーター無料サービス
  • 無料インターネット
  • アンバサダー専用のチェックインエリア
  • 2名宿泊でシングルルームの料金

その他に中国限定特典もあります。

‑ 中国本土(中国、香港、台湾、マカオ)で滞在特典:
‑ 宿泊1泊ごとに朝食無料サービス(1名のみ)
‑ 中華圏(中国、香港、台湾、マカオ)で滞在特典:
ウェルカムフルーツの提供(プラチナ&スパイアエリート会員対象)

特典は対象のリージェント ホテルズ&リゾーツでの2021年12月31日までのご滞在に適用されます。中華圏(中国、香港、台湾、マカオ)は対象外です。

この中で特に享受できそうなのはUS20ドルの飲食クレジット16:00レイトチェックアウトですね。

かか
かか
日本だと2,000円分。ホテル内でのレストランやお店で使えます。

IHG ANAホテル(IHGリワーズクラブ加入ホテル)一覧

この一覧掲載のホテルは全てIHGリワーズクラブに加盟しているホテル。

つまりアンバサダー入会でIHGプラチナ特典を受けることができるホテルです。

一部赤色のホテルはインターコンチネンタルホテル&リゾート。赤字のホテルはIHGプラチナ特典を利用することはできません。

 

超分かりづらいのですが、ざっくり簡単に言うと

全てのホテルでレイトチェックアウト、アップグレードはあり!

US20ドルの飲食クレジットは(上記赤色の)インターコンチネンタルホテルのみ。ANAクラウンプラザは対象外。

インターコンチネンタルアンバサダー会費、入会方法など

インターコンチネンタル アンバサダー会員資格の取得方法

オンライン入会またはアンバサダーサービスセンターへ電話で入会が可能。

+44 870 400 9099

世界各地のインターコンチネンタルホテルズでも入会可能。

インターコンチネンタル アンバサダーの会費

年会費US200ドル(12カ月間)。

IHGリワーズクラブ会員は、年会費を40,000ポイントで支払うことも可能。

入会登録後いつからインターコンチネンタル アンバサダーの特典を利用できるようになるか?

会員特典は入会後すぐにお楽しみいただけます。

これはわたしもびっくりするくらい瞬時にアンバサダーになりました。

かか
かか
支払い完了とともにアンバサダー会員になれるのでホテルのチェックイン時にその場で入会することも可能ですね。

客室アップグレード保証は、予約時に適用されるのか?

ご予約時に客室アップグレードが表示される場合もありますが、実際の客室アップグレードはホテルチェックイン時に適用されます。

インターコンチネンタル アンバサダー会員は、インターコンチネンタル ホテルズ グループ(IHG)ブランドのホテルであればどこでも、同じ特典を受けることができますか?

アンバサダー会員特典は、インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ限定での適用となります。ただし、IHGリワーズクラブ会員特典は、IHGブランドの全ホテルにてご利用いただけます。

ややこしい…

ウィークエンド無料宿泊特典

これは実は1番使いづらい特典なので使っていない人も多くいるかもしれません。

金土の2泊か、土日の2泊予約すると2泊目が無料になる特典。

一見、すごい!2泊目が無料!と思うかと思います。しかしこれは正規普通料金からの割引。つまり、元々の設定料金が高いので実は安いプランを2泊で予約した方が安かったりする落ちがあります。

詳細はこちらからどうぞ

IHGウィークエンド無料宿泊

ウィークエンド無料宿泊の有効期間

ウィークエンド無料宿泊は、発行日より12カ月間有効です。

ウィークエンド無料宿泊券の使い方

ウィークエンド無料宿泊は、世界各地のインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツで、アンバサダー ウィークエンド無料宿泊レートにて有料で2泊以上滞在の2泊目が無料になる特別な宿泊券

週末に該当するのは、金曜日、土曜日、日曜日。

かか
かか
金土か、土日のどちらかが適用になります。

入会と同時に無料宿泊が付与されます。利用には事前のご予約が必要。

ウィークエンド無料宿泊は、IHGリワーズクラブ会員アカウントにログインの上、オンライン予約にてご予約が必要。アンバサダー ウィークエンド無料宿泊レート(「AMB宿泊券」)でご予約必須!宿泊券は、その他の料金には適用されない。

ウィークエンド無料宿泊券注意点

チェックインの際に必ず有効な身分証と会員番号の提示が必要。提示のない場合予約が無効となることがある。

ウィークエンド無料宿泊は、インターコンチネンタル アンバサダー会員資格を有する会員ご本人のみに有効。譲渡はできない。

 

ウィークエンド無料宿泊が利用できるかどうかを知る方法

インターコンチネンタル アンバサダーへの入会登録または会員資格更新と同時に、有料で週末にご宿泊いただいた際の2泊目にご利用いただける無料宿泊を会員アカウントに進呈いたします。こちらの無料宿泊は、IHGリワーズクラブ会員アカウントにログイン後、アカウント管理よりご確認いただけます。

米国&カナダ: +1 888 211 7996
英国:+44 203 349 9034
その他の地域:+44 870 400 9099

実際に使った特典

2,000円飲食クレジットで買ったもの

ANAインターコンチネンタル東京

ホテル内に3つ星シェフとして有名なピエール・ガニェール(PIERRE GAGNAIRE)がプロデュースするパティスリー専門店、ピエール・ガニェール パン・エ・ガトーがあります。

ANAInterContinentalTokyo

ここできっちり2,000円分のケーキ購入。

3つで2,000円は高いけれど、無料だし家族のお土産に購入。

想像以上に美味しく、家族にも大好評でした。

かか
かか
1つ700円の価値、あります!今後はケーキだけでも買いに行こう。

インターコンチネンタル万座ビーチリゾート

オーシャンカフェにて「本日のデザート」1200円と「紅芋モンブラン」500円。税、サービス料込みで2,113円。 部屋づけにしてチェックアウト時2,000円が値引きされ、実質113円の支払いに。

本日のデザート1200円

紅芋モンブラン 500円

16:00レイトチェックアウト特典

ANAインターコンチネンタル東京・アフタヌーンティー

時間は14:00ー16:00。

IHGプラチナアンバサダー特典でレイトチェックアウトが16:00にできた場合、チェックイン後と翌日の1滞在で2回のアフタヌーンティーを楽しめます♡

ロンネフェルト社の紅茶はどれも美味しい!

インターコンチネンタルアンバサダーまとめ

1つのホテルグループに2種類の会員特典があるので非常にわかりづらいのですが、使える特典は

  1. レイトチェックアウト
  2. 客室アップグレード
  3. US20ドル飲食クレジット

この3つくらいではないでしょうか?

IHGやIHG ANAホテルによく宿泊されるのであればUS200ドルの価値は多いにあると感じますが、年に2−3泊程度の宿泊であれば恩恵を受けられない気がします。