父娘旅

さぁ、父娘旅に出かけよう!北の大地へ親子旅行【最終日】

機内から帰る際、娘が言っていました。

「今回の旅行楽しかったよ」
「でも、いつか忘れちゃうかもしれない」

うん、それでいい。

忘れるくらい、今後の人生で楽しい経験を積み重ねて欲しい。あなたはあなたの豊かな人生を生きてください。

ありがとうがいっぱい詰まった最終日。10日目です。

1日目から見てみる

父娘旅最終日の朝食

最後の朝食を頂きます。海鮮丼よりサラダがメイン位置にいますね。

朝食の主役は、やはりサラダです。娘の朝食はこちら。

注目は右上のカップ。これはコーンスープです。クルトンの入れすぎると、コーンスープもこうなるという悪例です。

良い子は真似しないでください。

急いで荷物をまとめ、チェックアウトします。お世話になったホテルの方へ、恒例のメッセージを書かなきゃ。

今日はお昼の便で帰るだけ。

チェックアウトしてから車を返すまで、少し時間がありました。駅近くの「もりもりパーク」という遊び場にお邪魔しました。

旭川もりもりパーク

住所 北海道旭川市1条通8丁目108

フィール旭川 6階

連絡先 0166-56-0760
営業時間 10時〜18時30分
アクセス 旭川駅から徒歩3分

A.s.h.ハートピアパーキングに停めると割引サービスあり

料金 無料

ただし、事前登録が必要

その他 家族みんなで楽しめる屋内遊戯場

旭川の豊かな自然をイメージした約1000㎡の空間で、体をいっぱい使って挑戦できる施設

駅前のフィールというデパートの6階にあります。

木のおもちゃやアスレチックがいっぱいで、5才児には十分楽しめる施設でした!

これは面白かった!モニターの前に立つと身長を測ってくれる画面。

動物に例えたり、りんご何個分とかの表示をしてくれるので子供にもわかりやすい!

こちらは父。キリンに負けたらしい。

コロナが収束していたら、たぶん他のおもちゃとかたくさんあったと思う。

パークの中に管理のお姉さん達が見守ってくれていて、こまめに消毒をしてくれていました。ありがとうございます。

ちょっと遊ぶだけではもったいないくらい、楽しい場所でした。これで無料だもんね。素晴らしい!

後ろ髪を引かれる思いで旭川市内を後にし、車を空港まで走らせます。

ありがとう、旭川。

旭川空港に到着

AIRDOとANAは共同のカウンターらしいです。搭乗手続きを済ませて、昼食を取りました。

これが今回の旅行で最後の食事。

さ、早く食べないと時間に遅れちゃうよ。

父娘旅帰路につく

機内から見下ろす北海道。こうやってみると、広大で豊かな自然がたくさん。

自分の悩みや存在なんて、ちっぽけだと教えてくれる気がしますね。

父:「今回の旅行、どうだった?」
娘:「・・・」

もう寝てる。

しかも赤ちゃんマンのマスクの使い方おかしい!ゼッケンか?

このまま無事に羽田空港に到着。自宅行きのバスに乗る直前、トイレで事件発生です。

久しぶりのお漏らしは、良き思い出。内緒だよね。着替えがたくさんあってよかったなぁ。

父娘旅を終えて

最後までご覧くださり、本当にありがとうございます。

僕にとっては小学校1年生のような夏休みの感覚で、ひたすら楽しく過ごせました。娘はどうでしょうか。

冒頭でも紹介しましたが「楽しかったけれど、いつかは忘れる」というのが正直な意見だと思います。

今回の楽しい旅を忘れるくらい、もっともっと楽しい人生が送れますように。

一緒に行ってくれてありがとう。
読んでいただいた方もありがとう。
留守番をしてくれた妻もありがとう。

父娘旅行に興味がある方、ぜひ一緒に旅行に行きませんか。同じ価値観を持つ人との出会いこそ、人生を豊かにします。

次の父娘旅日記でお会いしましょう。またね。

ポイ活で0円家族旅行が実現!スマホ1台・スキマ時間のポイ活で人生が変わったお話「家族旅行なんて夢のまた夢」 「お金かかるから年1回の格安旅行で精一杯」 「子どもにいろんな景色を見せてあげたいけど、旅費が...
ABOUT ME
トシクル
アクティブ40歳パパ|誰にもできない自由な人生職歴→ホテル支配人、旅行代理店、カジノディーラー、タクシー運転手|オーナー→太陽光パネル、コインランドリー、結婚相談所|恋愛×ビジネス×育児の熱いコトバを丁寧に扱う|Writing Hacks卒業生→Webライターです。何でも書きます。