父娘旅

さぁ、父娘旅に出かけよう!北の大地へ親子旅行【1日目】AIRDOで羽田から札幌へ

「いつまで娘と一緒に寝ていられるだろう」
「無条件に手を握ってくれるのは今だけ」
「たまには娘を貸し切りたい」

こんな想いがふと湧き上がり、娘と北海道へ行くことに決めたこの夏。突発的に思いついた父娘旅です。

今しかできない経験を、思いっきり楽しんできました。それも2泊3泊という中途半端な期間じゃなく、10日間というロングステイ。

日常では体験できない経験をさせてくれるのが旅育。

今まで父娘旅なんかしたことない!という方に、少しでも参考になればうれしいです。

ぜひ、最後までご覧ください。

ポイ活で0円家族旅行が実現!スマホ1台・スキマ時間のポイ活で人生が変わったお話「家族旅行なんて夢のまた夢」 「お金かかるから年1回の格安旅行で精一杯」 「子どもにいろんな景色を見せてあげたいけど、旅費が...

父娘旅の参加者

参加者

  • 父(40代)
  • 娘、通称:食べすぎガール(5歳)

日程

7月23日〜6泊(札幌)
7月29日〜3泊(旭川)

合計、9泊10日

なぜ北海道を選んだかというと、娘が暑さに弱いからです。

少しでも涼しい北の大地で、夏を思いっきり楽しませたいという親心です。

出発前に決めていたこと

  • 行きのチケット確保、羽田→新千歳空港
  • 札幌のホテル予約6泊分
  • 札幌で行きたい場所、3〜4箇所

この程度です。

出発時点では、帰りの飛行機は取っていません。札幌の他に、キロロ・旭川・富良野など…どこに行くか迷っていました。

旅は計画通りには行かないものです。
ホテルくらい決めておけば何とかなるでしょう。

父娘旅は羽田空港から始まる

今回乗ったのはAIRDOです。

妻から「AIRDOで1200円で北海道に行けるよ」と提案されてました。

こういった情報をかき集める能力は凄まじい。旅となるとなおさら。

1,200円で北海道!ソラシドエア&AIRDOの経営統合キャンペーン・交換までの手順を徹底解説♪ 【お知らせ】2021年8月9日申し込み分よりVポイントから交換されたマイルはAIRDOポイントへの交換対象外となります! ...

AIRDOカウンターで待つ娘。相棒の赤ちゃんマンは、今までも各地を共にしてきた。もちろん今回も一緒だ。

父娘旅ポイント

大好きなアイテムを持参させることで、母親がいない不安を少しでも忘れさせる。

無事にチェックインが終わり、早めに搭乗口へ向かいます。

空港の楽しみといえば、出発前にラウンジで過ごす時間です。旅の高揚感を盛り上げてくれる大事な場所だと思う。

ちなみに、ラウンジといえば僕が持っているSPGアメックスカードなら2名まで無料なので娘も入れました。他のゴールドカードだと1名のみ。

父娘旅ならクレカはSPGを推します。

Marriott bonvoy-all
マリオットボンヴォイ・SPGアメックスの魅力の全てまとめました!【2021年9月最新】SPGアメックスカードを発行するか迷っている方 これを見れば一発!SPGカードの全てを詰め込みました。 Marriott B...

窓越しに見える飛行機は、いつ見てもワクワクする。旅行の際は娘がおやつ係なので、ラウンジ用のおやつを催促してみた。

父娘旅ポイント

旅行中の役割を子供に与える

父「おやつ係さん、ラウンジのおやつをお願いします」
娘「はいどうぞ、ちんすこうです!」
父「ありがとう…」

今から北海道に向かうのに、沖縄のちんすこうが出てきました。さすがのチョイス!

さらに、ラウンジではこんなシールがもらえました。子供はいいなぁ。

羽田から新千歳までは約1時間30分のフライトです。

5歳ともなれば、1人で自分の時間を楽しめます。

スマホやテレビを見せていない我が家では、時間つぶしといえば定番のぬり絵。自分で選んでくれるので、助かります。

機内では、定番のジュースの他にヨーグルッペというドリンクサービスもありました。

リボンマークが可愛らしい。

左のコップは、CAのお姉さんが書いてくれたクマさんです。

おそらく、AIRDOのマスコットキャラ「ベアドゥ」でしょう。子供への配慮をしてくれるすべてのCAさん、いつもありがとう。大人にも書いてくれるとうれしいです。

父娘旅は新千歳空港に到着

新千歳空港にオンタイムで到着。この時点で11時30分なので、お昼ごはんにちょうどいい。さっそく食事にする。

新千歳空港は広いし、ご当地レストランがいっぱいあります。しかし、お腹の空いた子供には北海道らしさなんか関係なし。

一刻も早くご飯を食べたいというおねだりから、定番のフードコートへ。真っ先に見えたお子様セットをチョイス。

鼻の容器は何も入っていない。空っぽだ。

野菜を盛り込んでほしいと思う親心とは裏腹に「食器代わりになるじゃん!」と大満足の娘。

さっそく盛り付けていました。はい、こちら。

ミニ弁当、お上手ですね。それよりさっさと食べてください。

食事は無事に終わり、せっかくなので空港内を散策します。新千歳空港には「ドラえもんわくわくスカイパーク」という、ドラえもんオフィシャルショップがあります。

大好きなドラえもんに会いに行きました。可愛らしいドラがいっぱいで、ご機嫌の娘。

昼食の直後だというのに、ドラえもんとドラミのたい焼きをペロッと頂きます。

販売はされていませんでしたが、このドラえもんの食器かわいかった。

満腹度はさらに向上し、地下鉄で市内へ移動します。めざすは今夜のホテルがある大通駅。

初日はホテルアベスト札幌

ホテルアベスト札幌(旧:ホテルサンルートニュー札幌)

住所 北海道札幌市中央区南2条西6丁目1
電話番号 011-251-2511
アクセス 地下鉄南北線「大通駅」より徒歩3分
「狸小路商店街」まで徒歩0秒
客室数 306室
おすすめ 2021年7月16日グランドオープン
コンビニ併設
すすきの、大通公園まで徒歩圏内で便利

大通駅は広いうえに、ホテル最寄りの1番出口は端っこにあります。迷うくらいなら、駅員さんにサッと聞いたほうが良きです。

到着!このホテルに3泊します。
玄関には立派な胡蝶蘭が飾ってありました。
旧ホテルが閉館して、4ヶ月でこちらのホテルはできたらしい。

リニューアルオープンしてから、まだ1週間なのでピカピカのロビーでした。

必要なアメニティはフロントでもらう形式です。子供にはおもちゃがもらえたうえ、ロビーにはお酒とジュースのサービスも好印象でした。

部屋

父娘旅ポイント

部屋の写真を撮りたいなら、入室前に説明する(子供はすぐに部屋を荒らすため)

3泊するので、一般的な部屋よりちょっとグレードアップしました。室内に階段があって、下はソファー上はベッドルームタイプです。

上下の部屋にテレビがあるのは好印象でした。娘は階段に大興奮!

まず荷物を置いて、周辺を散策します。ホテルの横には、狸小路というアーケード街があってお店が立ち並んでいます。

ホテル周辺

商店街は屋根もあるし、飲食店もたくさんあるので散歩にはちょうど良かった。

ドトールがあったので、お茶タイム。

季節のヨーグルトドリンクとチーズケーキ&桃のミルクレープを頂きました。ここのお茶代は、妻がくれた三井住友カードでお支払い。

ドトールでビザタッチ支払いすると2,000円まで無料らしい。実質、無料でいただけました。こういう情報収集能力、ほんと凄い。

札幌市内中心部には、路面電車が走っています。珍しいので、狸小路⇔山鼻9条を往復してみました。

路面電車 料金(区間関係なし)
大人 200円
子供 100円

支払いはSuicaが使えますが、チャージはできません。運賃は後払い。

あとから知りましたが、週末と祝日なら1枚370円で大人と子供1人が1日乗り放題の「どさんこパス」があるらしい。この日も祝日なので使えたはず。

2回乗ったので400円も支払ってしまい、ちょっと損した。

山手線のように周遊しているので、時間あるならずーっと乗っているだけで観光になりそうです。

その後、商店街を散策。普段は行きませんが、ガチャガチャ専門店にふらりと立ち寄ります。

珍しいガチャガチャに、大はしゃぎの5才児。しかも、ちょっとしたハプニング発生!

娘が、お釣りのレバーボタンを押しまくっていたら「チャリン♪」と100円が出てきたのです。100円をどうするのか、父娘会議が始まります。

父:「このまま持って帰ったらどうなる?」
娘:「お店から100円ドロボウしてる」
父:「ふむふむ、ではどうすればいいと思う?」
娘:「100円で買えるものを探す」

5歳にしては素敵な回答。店には100円で買えるガチャガチャが少なく、最終的に娘が買ったものはこちら。

本物の氷で、かき氷が作れるおもちゃ500円!結局、親の400円の出費となりました。ちゃっかりしてます。

父娘旅ポイント

何気ないハプニングも楽しもう!

初日の夕食はカツエ食堂

夕食の時間になったので、飲食店を探します。

しかし、子供が好きそうなお店が少なく、途方に暮れそう。イートインは諦めて、地元感のある中華屋さんでテイクアウトしました。

町中華 末蔵カツエ食堂

住所 札幌市中央区南2条西7丁目1ー5
連絡先 050-5451-9042
営業時間

(月曜定休)

12:00~20:00

(料理L.O. 19:15 ドリンクL.O. 19:30)

(2021年7月末現在)

母子旅ならこういう店、選ばないと思う。父娘旅だからいいよねと、娘に言い聞かす。

店内には、昭和すぎるおもちゃ&おかしがズラ〜リ。お子様には1つサービスということで、大興奮の娘。真剣にお菓子を選びます。

ホテルに戻って娘と乾杯!おしゃれなレストランより、美味しいよねと娘に言い聞かす。

父娘旅1日目のまとめ

いつもは妻が好きなJALどこかにマイルでの旅が多いけど、今回は初めてAIRDOに挑戦!機内誌は北海道の特集だから情報得られて良かったです。

ポイ活で0円家族旅行が実現!スマホ1台・スキマ時間のポイ活で人生が変わったお話「家族旅行なんて夢のまた夢」 「お金かかるから年1回の格安旅行で精一杯」 「子どもにいろんな景色を見せてあげたいけど、旅費が...

思ったより暑い札幌市内でも、娘は嫌がることなく行動してくれました。久しぶりの父娘旅ですが、元気そうな姿を見て父は一安心です。

普段は照れくさいけど、抱っこや手を握ることが自然とできるのが旅の魅力。

主役は娘なので、親の旅行スタイルを押し付けるのではなく、まずは「楽しい!」と思ってくれるような旅時間を作ってあげたいです。

長かった初日はようやくおしまい。明日も北海道を楽しもうね。
ぜひ、2日目もご覧ください♪

さぁ、父娘旅に出かけよう!北の大地へ親子旅行【2日目】白い恋人パークと根室花まるのお寿司「母子旅は聞いたことあるけど父娘旅とは?」 「父と娘が旅行に行くってどうなの」 「父ばかりが家にいるのはオカシイ!」 父だけが...
ABOUT ME
トシクル
アクティブ40歳パパ|誰にもできない自由な人生職歴→ホテル支配人、旅行代理店、カジノディーラー、タクシー運転手|オーナー→太陽光パネル、コインランドリー、結婚相談所|恋愛×ビジネス×育児の熱いコトバを丁寧に扱う|Writing Hacks卒業生→Webライターです。何でも書きます。