旅の準備・ノウハウ

生後1ヶ月の赤ちゃんとワンオペ帰省・機内を楽にすごす為たった2つのやるべき事

Firstoneoperation-flight

娘は生後1ヶ月で初めて飛行機に乗りました。

その後数え切れないほどのフライト経験から、皆さんに赤ちゃん連れでも快適に飛行機に乗る秘訣を紹介します。

たった2つだけ。

これだけやれば飛行機移動がより楽になります。

これからワンオペで帰省のパパ、ママに。

初めての子連れフライトで不安でしょうがない方へ 是非ご参考になれば幸いです。

ワンオペで初フライト

娘を出産し生後1ヶ月の検診の翌日に乗る飛行機を手配。

娘は生後ちょうど31日目で初フライトとなりましたが、 私の予想を上まわる周りのサポートでとっても楽に、 むしろ感謝と感動でフライトを楽しめました。

では、何をしたでしょう。

皆さんにも即日実践できる内容となっておりますのでぜひ最後までご覧ください。

生後1ヶ月の初フライトは乗り継ぎで帰省

当時住んでいた青森から実家のある富山までは直行便がないため羽田で乗り継ぎをして帰省。

  • 青森ー羽田  JALのみの運行
  • 羽田ー富山  ANAのみの運行

航空会社が異なります。 時間にたっぷり余裕を取り羽田空港での乗り継ぎ時間を3時間に設定 娘は生後31日目。 もちろん産まれて初めての飛行機。

初フライトたった2つのやるべきこと

1.座席は必ず通路側

羽田ー青森は満席。

3席×3席の通路側を選びました。

通路側を選ぶ理由はたった一つ! オムツ問題です。

頻繁にオムツ交換が必要な乳児は窓側に座ると移動が大変。

窓からの景色を楽しみたい気持ちはわかりますが、ぜひ通路側を選んでください。

もし通路側が全て埋まってたら航空会社に電話。

ANA、JAL共にWEBで指定できない座席を確保してるので乳児がいるから通路側がいいと希望を伝えましょう。

ANAに勤める友人いわく、万が一の場合に備え、当日まで絶対に埋めない席があるので、事情を説明すればなんとか手配してくれるとのこと。

2.周りへの挨拶

これだけ?と思うかもしれません。

実際に私がやってみて、周りの方が想像以上に親身に助けてくださり、心の余裕ができました。

「まだ生まれて1ヶ月なのでご迷惑おかけするかもしれません」

こんな感じで言ってみましょう。

隣の人はもちろん、通路挟んで横の人、前、後ろの人にも必ずしましょう。

そしたら返ってきたのがこんな言葉

「ひとりで大変だね、何かお手伝いできることあれば言ってね」 と後ろのおじさま。

「自分子どもいないんで何もできないかもしれませんが、何かあれば言ってください」 と通路挟んで向かいの青年。

「まだ、1ヶ月かぁ。懐かしいな、うちの子もう中学生だから、赤ちゃんって本当かわいいね。お母さんトイレ行きたい時とかあれば抱っこするから言ってくださいね」 と隣のサラリーマン。

この時は回りが全員男性でした。 性別も年齢も関係ありません。

きっちり挨拶する事を忘れなければみんな助けてくださいます。

皆さんの言葉が胸に刺さるほど嬉しくかったこと、今だに鮮明に記憶にあります。 当日の便は満席。

突如問題発生..

耳抜き問題発生

予習しておいた離陸前に授乳 耳抜きの為にケープかぶって座席で離陸前に授乳しようとしたのに我が子は夢の中。 起こしても起きずにそのまま離陸…. 嗚呼、どうしよう。耳抜きができない。鼓膜大丈夫かな。心配!

しかしながらわたしの心配をよそに娘は着陸後まで一切起きず(笑)

無事に生きてました…ホッ…

(※娘は指しゃぶりをするので自然に耳抜きができているのかもしれません)

耳抜きはマストではないことが判明

飛行機を降りる時回りの方に「よく頑張ったね!えらい!」と褒められ。

隣の青年には「おとなしかったですね、何もできませんですみません」と言われ。

後ろのおじさまは 「飛行機降りるまで荷物持つから、赤ちゃんしっかり抱っこしてあげて!」 と荷物まで持っていただきそのままお話ししながら荷物受け取り場まで重いリュックを運んでくれました。

本当に感謝しかありません。

まとめ CAさんより周りの方の理解が大切

CAさんはお仕事で飛行機に搭乗しています。

安全に機内で過ごしていただくために仕事をしているため、つきっきりで構っていただくことはできません。

しかしながらベテランCAさん(おそらく子育て経験ある方)は やはりわかっていらっしゃるので必ず声をかけてくださいます。

「離着陸の時はできませんが、もし飛行中に授乳されるようであれば後ろでカーテン引いてできますので声かけてくださいね」 と教えてくださいました。

初めての赤ちゃん連れの飛行機、心配な事がありすぎるかと思います。 実際私もそうでしたが、一番欲しいのは周りの理解です。

勇気を持って話してみると、 育児経験者だったり、同じくらいのお子様がいる方だったり、奥様が妊娠中の男性であったり、それだけで話が弾み、気持ちが楽になります。

皆さんのフライトが少しでも楽に、楽しくなることを祈りつつ… 子供との飛行機が楽しくなれば、旅が格段に楽しくなります。 ぜひこの2つを実践してみて快適なフライトになりますように。

この記事を読んでいただいている方へ。

子どもがいない方でもぜひ周りの赤ちゃん連れの方に声をかけてあげてください♪

声をかけていただけるだけで気持ちの部分で救われます!

機内持ち込みできるベビーカーポキット!買わないと損レベルで愛用したレビュー♪こんにちは。お得旅大好きのかか(@boshi-traveler)です。 実は家にテレビもソファも掃除機もない 生粋のミニマリ...